2018年 08月 31日
SAVE ON
c0152411_16015730.jpg




ニュース等で報道されていますが、コンビニチェーンの“SAVE ON(セーブオン)”が看板を下ろします。
と云っても、この地方に馴染みが無いのは確か。
元々、群馬県の流通大手、ベイシアのグループ会社で、
北関東3県や埼玉、千葉、新潟、福島、山形、長野、富山の10県で展開されていたチェーン。
ローカルコンビニとしては、大手の部類です。

尤も無くなるのは看板だけで、会社自体はローソンのメガフランチャイジーに。
でも、ローカル色は薄くなってしまうのでしょうね。

初めてのみちのく旅行の帰り、
圏央道の通行止でルート変更した際に立ち寄った、北関東道の波志江PAに併設されたSAVE ON。
コンビニ併設のSA/PAは最近では当たり前ですが、大手でないコンビニにちょっとわくわくだったのを思い出しました。



[PR]

by beige_versailles | 2018-08-31 07:00 | 306な出来事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://modu306.exblog.jp/tb/29719308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okuruma1970 at 2018-09-02 23:07
こんばんは。
コンビニの統合で、大手の寡占状態ですね。
サークルKを見ると「中京地区に来たなぁ」とか、セーブオンを見ると「群馬に来たなぁ」と思っていたものですが、ともに風前の灯。
最後の雄は、ポプラ(中国地方)とセイコマート(北海道)と思ったら、ポプラも陥落寸前のようです。
全国画一は便利ではありますが、遠くに来た感覚を感じにくいですね。
Commented by beige_versailles at 2018-09-03 07:14
確かにポプラを見ると、広島に来たなぁ…って感じですね。

サークルK、地元でも看板を見ることは稀になってきました。
現に友人が経営する2店舗共、既に緑の看板に変わっているとのことです。


<< リバイバル再び      パリにかけたポスターの魔法 >>