2018年 08月 11日
弾丸中国四国ツアー DAY2
c0152411_21492660.jpg




と云うことで2日目です。

早起きして朝練をと思っていたのですが、起きたらもう島々を結ぶフェリーが動いている時間。
丁度開いたラウンジで朝食を食べて、いざ朝練へ。

市内ならどこでも撮れるのがひろでんですが、
ここのホテルからだと、最寄りの電停まで1.5Km。
流石にこの暑さでは参ってしまいそうなので、駐車場からクルマを出してロケハンです。

とは云っても、今日はこの後高知まで行くので、時間はそんなにありません。
とりあえず近場の宇品線のどこかで撮影することにします。

で、腰を据えたのが、県病院前電停。
丁度交差点がサミットになっていて、市内・宇品両方向から軽く坂を上ってくる感じです。
c0152411_21493062.jpg
KATOのチビ電のモデル。
c0152411_21493560.jpg
元京都市電の1900形は絶賛活躍中。と云うか単車はこればっかり。
すれ違う様は、まるで往年の東山通のよう。
c0152411_21494064.jpg
ひろでん生え抜きの350形も来ました(^^)

そんなところで、妻からお迎えの連絡があったので、ホテルに戻っていざ出発です。

一番近い、広島高速の宇品ICから山陽道へ。
災害の影響で、広島ICまで1時間半かかったのは誤算でしたが、こればかりは致し方ありません。
それでも山陽道に乗ってしまえば、30分程で尾道へ。
今回は尾道ICで一旦降りて、しまなみ海道へ乗り継ぎます。

しまなみ海道は、やはりクルマは多めですが、いつ走っても心地良い道。
c0152411_21502710.jpg
結局いつもの瀬戸田PAで小休止。
c0152411_21503252.jpg
四国に上陸して最初のSAである、来島海峡SAは絶賛改装中。
仮店舗の名前は、そのまんま“カリテンポ”。

四国に上陸すると、しまなみ海道は終わり。松山道には繋がっていません。
一旦一般道(R196)に降りてから、今治小松道に乗り直し。ここから高知道は直結です。
でも、やはりというか高知道は渋滞。先日の災害の影響なので仕方ありません。
というより、架道橋が流されたところを、対面通行とは云え、1週間で復旧したことに感謝です。
立川TNを出たところで、その災害現場を目の当たりにしますが、かなり壮絶です。

結局、高知には16時過ぎに到着。折しも街は、”よさこい”一色です。
そして、ミッションも無事終了。

・・・と云うことで、帰ります。
c0152411_21503813.jpg
高知IC近くの地元のスーパーマーケットで、美味しいものを買い込み、とりあえず高知道へ。
乗ってすぐの南国SAで夕食(車内食)です。
下手なところで食べるよりも余程充実しています。

帰りは帰省の逆方向と云うこともあり、渋滞は皆無。
ゆっくり流して帰っても、約5時間程で帰宅です。




[PR]

by beige_versailles | 2018-08-11 07:23 | 306お出掛け日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://modu306.exblog.jp/tb/29687951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< パリにかけたポスターの魔法      弾丸中国四国ツアー DAY1 >>