2018年 06月 16日
大門百貨店、或いは津信用ビルヂング
c0152411_23215833.jpg




悲しいお知らせが、耳に入ってきました。
我が街の中心にある商店街にあった、名建築が姿を消そうとしているようです。

それは、大門観光ビル。
晩年は娯楽ビルになってはいましたが、
元はと云えば、昭和9年に建築された、大門百貨店と津信用組合の建物でした。
(設計管理をした、丹羽栄治建築事務所のサイトに紹介されています)

実はこの商店街のアーケードが撤去されることになり、
生まれて以来、初めて全体像を見ることになったのですが、
同じく見に行っていた知人のSNSによると、このビルも解体されるという噂があるようです。
現に最後まで営業していた、1階のパチンコ店も先月閉店しています。
噂の真偽は兎に角、梅雨の晴れ間の今日、ちょっと立ち寄ってみました。
c0152411_23215985.jpg
裏側はこんな感じ。

実は物心付く頃には、もう娯楽ビルになっていたので、中に足を踏み入れたことはありません。
叶うことならば、建物内を探索したいものです・・・。
c0152411_23215910.jpg
屋上から見える風景も、建築当時とはずいぶん変わったんでしょうね。


[PR]

by beige_versailles | 2018-06-16 17:32 | 306お出掛け日記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://modu306.exblog.jp/tb/29570250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gosyurin at 2018-06-17 18:00
残存する文化遺産は残していただきたいですが‥維持費の負担の問題もあるし、難しいですね。
Commented by beige_versailles at 2018-06-17 21:50
残して欲しいと、云うのは簡単ですが、一私企業に負担が重くのしかかるのが現実なんですよね。
大手でも厳しいのに、地元の一企業ではなんとも・・・。

ただ、あくまで噂なのが救いかも知れません。
Commented by okuruma1970 at 2018-06-18 22:56
こんばんは。
街のランドマークだった、趣のある建物ですね。
ただ、この時期の建物はまだ少なくないので、特徴ある保存価値の有無や、耐震性の有無が保存の境目になるのでしょうが、車齢30~40年程度の大衆車と似ていますね。
建物の場合、維持や修繕費用の桁が違うのと、土地の価値が高いと、さらに建て替えられやすいというジレンマも。
Commented by beige_versailles at 2018-06-19 07:17
我が街は戦火に遭って、中心部で残ったのは殆ど無いので、そういった意味では文化遺産としては貴重だとは思うのですが…
ただ後世に残すためには、良い意味でのパトロンが必要なんでしょうね。


…あ、数少ない戦火を掻い潜った私の実家も、先日解体が完了しました。
Commented by じゅん at 2018-07-29 13:03 x
この建物は、大門のメイン通りの中ほどにある建物でしょうか?大門のアーケードも無くなるとのことで、大門で少しだけ遊んだ私としてはちょっと寂しいですね。メイン通りの居酒屋や、ちょっと奥にあったスナック・・・・最近の「津」も、繁華街はやっぱり寂れてしまっていますか?
Commented by beige_versailles at 2018-07-29 15:46
そうですね。大門だけでなく、街全体が残念ながら寂れる一方です・・・。


<< Bye      やっと交換 >>